情報セキュリティ組織のマネージャーに捧ぐ 脆弱性診断の管理・運営・役員説明「虎の巻」

イベント・セミナー

このような方におすすめです

  • Webサイトのセキュリティ対策についてお悩みがある、IT部門の皆様
  • Webサイトの脆弱性診断の内製化に苦慮されている、セキュリティ部門の皆様
  • 受託開発したWebシステムのセキュリティ対策に課題をお持ちのSIerの皆様

セミナー概要

弊社では従来から、脆弱性診断の内製化を支援する「AeyeScan」をご提供しながら、脆弱性診断の省コスト化・高頻度化の両立をご支援してきました。

その中で、多くの情報セキュリティ組織マネージャーの皆様から生の声をいただく機会も増えました。

「診断自体はスムーズにできるけど、修正・リリースを含めた全体プロセスを管理するのに苦労している」
「脆弱性対策について役員に説明するとき、どうにもプロトコルがあわなくて困る」
「診断・修正・報告を一連の流れでマネジメントしたい」

既にご存じの通り、脆弱性対策は「診断」で終わりではなく、むしろ「診断」に始まる様々なプロセスを内包しています。今まで私たちが解決できていなかった他のプロセスでも、多くのお客様がお悩みを抱えていました。

そこで弊社では、脆弱性診断における全体プロセスをいかに管理・マネジメントするか?に着目しました。

・診断すべきサイトはいくつあるのか、どんなサイトか
・それぞれのサイトにおける、脆弱性対策の状況(診断・修正の進捗)はどうなっているのか
・サイトを個別に/全体として見たときに、どのような脆弱性が多く潜んでいたのか
・脆弱性対策の状況を、どのように役員(上位層)に説明すればよいのか

私たちは、これらの ”情報セキュリティ組織のマネージャーが脆弱性診断のプロセス全体で悩んでいること” を一挙に解決すべく、新たなプロダクトの開発を進めています。

本ウェビナーでは、上記課題の解決に向けて、どのようなプロダクトを企画・開発しているのか、その全貌をご覧いただきます。

開発にあたっては、弊社エキスパートの知見はもちろん、同じような課題感を持っていらっしゃる方々からも「こういうレポートを出したい」「この観点で管理したい」など多くのご意見をいただきながら、プロダクト・機能をブラッシュアップしたいと考えております。

弊社の考える「理想の脆弱性診断のプロセス」とその実現方法についてお聞きいただくのはもちろん、皆様がお持ちの理想形について、また課題感についても、Q&Aコーナーやアンケートで、ぜひお聞かせいただければと思います。

とにかく、現状の脆弱性診断のプロセスに1つでも不満・課題をお持ちの方は、ぜひご参加下さい!

開催日 時間 会場 お申し込み
2024年5月23日(木) 16:00~16:45 オンライン 受付終了
  • 参加費無料
  • 詳細は申し込み後にお送りするメールをご確認ください。
阿部 一真

■講演者プロフィール

株式会社エーアイセキュリティラボ

事業企画部ディレクター 阿部 一真

新卒でNTTデータに入社し、Salesforceビジネス推進部門でコンサルティングセールス・カスタマーサクセスを経験。その後、株式会社エクサウィザーズではCS責任者およびPdM(事業責任者)、株式会社VirtusizeではCS責任者および事業統括責任者を歴任し、エーアイセキュリティラボに入社。現在はCXチームでの活動に加え、新規プロダクト企画・海外事業展開など全社横断プロジェクトにも携わる。

AeyeScan