Webセキュリティの専門知識がなくてもできる
【デモあり】話題のWebアプリ・Web API診断の「内製化」について解説します

概要

コロナ禍を経て、あらゆる企業が「非対面で顧客を獲得する」体制へのシフトを余儀なくされており、販路の軸はWebサイトに移行しています。

その動きと連動するように開発スピードも上がっており、品質を維持しつつ高速でリリースしていくためには、脆弱性診断の自動化・内製化が不可欠となりつつあります。

一方で、内製化や運用体制に不安があり、以下のような課題を抱えたまま具体的な手が打てていないという企業も多いのではないでしょうか。

  • 診断ベンダーに外注しているが、コストが高くスケジュール調整も大変
  • ノウハウのある人材が社内にいない、採用したくても採れない
  • API診断できるツールが少なく、あるとしてもプロ向けで使い方が難しい

本ウェビナーでは、WebアプリケーションやWeb APIの脆弱性診断の内製化を検討するときにぶつかる課題を、「AI」を活用し、低リソース・低コスト・超スピーディーに解決する手法について、「事例」や「利用シーン」を交えながらお話しします。

「これなら今すぐやらない理由はない」と思っていただける内容となっています。
是非ご参加ください。

こんな方におすすめ

  • Webサイトの脆弱性診断の内製化に苦慮されている、企業のIT部門の皆様
  • 開発委託先や外部診断ベンダーの品質のバラツキに悩まれている企業のIT部門の皆様
  • 受託開発したWebシステムのセキュリティ対策に課題をお持ちのSIerの皆様

開催概要

開催日時 時間 会場 お申し込み
2023年2月16日(木) 11:00 - 11:45
(開始10分前より受付開始)
オンライン
(Zoom利用)

終了いたしました

  • 参加費無料
  • Zoomでのオンライン開催となります。詳細は申し込み後にお送りするメールをご確認ください。

タイムスケジュール

10:50 - 11:00  受付
11:00 - 11:35

 〜Webセキュリティの専門知識がなくてもできる!〜
 【AIで実現する】Webアプリケーション脆弱性診断内製化 セミナー

  AeyeScanを用いた自動化デモンストレーション

11:35 - 11:45  Q&A、アンケートのご案内
mr.sekine

■講演者プロフィール

株式会社エーアイセキュリティラボ

執行役員 関根 鉄平

セキュリティエンジニアとして大手金融機関等の脆弱性診断に従事。その後、Webアプリケーション検査ツール・サポートチームの立ち上げをしつつ、アジャイル開発チームでのセキュリティを推進。2020年6月より現職。AeyeScanのカスタマーサクセスチームの責任者として脆弱性診断の自動化を支援。直近では2022年2月に開催されたDevelopers Summit(デブサミ)など、大規模イベントや大手企業での講演活動を多数行っている。